相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-株式会社の設立手続き

株式会社の設立手続き

このページでは、株式会社の設立手続きの流れに関して、ご説明致します。

まずは会社の基本事項を定めましょう

 会社設立の手続きを行うにあたって、まずは会社の憲法ともいえる定款を作成する必要が
あります。その前提として、以下の事項をお決めください。
(1) 商号(会社名)
(2) 目的
(3) 本店(会社の住所)
(4) 公告方法
(5) 発行可能株式総数
(6) 役員の任期
(7) 事業年度(決算期)
(8) 資本金の額
(9) 出資者(発起人)の構成
(10)役員(取締役、監査役など)構成


次に定款と発起人決定書を作成します

 上記のような内容を検討し、定款を作成します。定款には、前述のような基本的な事項の
にも記載しなければならない決まりごともございます。
 また、定款とともに発起人が会社の重要事項を定める発起人決定書の作成も行います。
発起人決定書では、出資者の構成や役員構成、代表取締役などを定めます。


定款など会社の基本事項が確定した後の手続き

(1) 出資者と役員の個人の印鑑証明書を用意(法人が出資者の場合は会社謄本も必要)
(2) 同一商号の調査
(3) 会社実印の発注
(4) 定款案の作成
(5) 公証役場で定款認証
(6) その他書類一式の作成
(7) 資本金の振込作業
(8) 印鑑押印
(9) 登記申請
(10)登記完了(申請から1週間から10日程度)
(11)法人口座開設・税務署等への届出・社会保険加入


手続きのためにご用意頂くもの

(1)発起人の市区町村役場発行の個人の印鑑証明書(発行より3ヶ月以内のもの)
・発起人が法人である場合は、法務局発行の法人の印鑑証明書(発行より3ヶ月以内のもの)
及び登記簿謄本(発行より3ヶ月以内のもの)が必要
(2)取締役の市区町村役場発行の個人の印鑑証明書(発行より3ヶ月以内のもの)
(3)個人実印
(4)会社実印(類似商号調査後に作成。直径1cm以上3cm以内のもの)
(5)通帳(資本金振込み手続き用)
・既に使用している発起人名義のもので可。
・通帳のないインターネット口座でも銀行名、支店名、口座番号、入金・振込日付、
口座名義人などの記載がされるWEB画面をプリントアウトしたもので可。

LinkIconお問合わせ

LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ