相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-遺留分と遺留分減殺請求

遺留分と遺留分減殺請求

1.遺留分とは

 遺言では、法定相続分とは関係なく本人の意思で自由に財産を分けることができます。
しかし、民法では法定相続人がその後の生活で困らないように、相続することができる最
低限の権利を保障しています。これを『遺留分』といいます。


2.遺留分減殺請求とは

 遺留分は、兄弟姉妹以外の法定相続人に認められている権利です。遺留分の権利のあ
る法定相続人が、遺言で遺留分より少ない財産しかもらえず納得できない場合には、遺留
分を侵害している他の相続人にその分の返還を要求することができます。これを『遺留分
減殺請求』といいます。


3.遺留分減殺請求の方法

 遺留分減殺請求は、遺留分を侵害している人に直接口頭で行うことができますが、通常
は配達証明付き内容証明郵便で行われます。尚、この遺留分減殺請求は、「遺留分を侵
害されたことを知ったときから1年」か、「相続があってから10年」が経過すると行使するこ
とができなくなります。


4.遺留分の割合について

 遺留分をもつ相続人及び遺留分の割合は以下のとおりです。
【遺留分をもつ相続人(遺留分権利者)】
・配偶者
・子供及びその代襲相続人(第1順位の相続人)
・直系尊属=父母(第2順位の相続人)

【遺留分の割合】
 通常の法定相続分に遺留分を乗じた割合が遺留分として遺留分権利者に認められる持
分割合です。

①法定相続人が配偶者と子供の場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 2分の1
配偶者の遺留分 = 4分の1(法定相続分1/2×遺留分1/2)
子供の遺留分   = 4分の1(法定相続分1/2×遺留分1/2)

②法定相続人が配偶者のみの場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 2分の1
配偶者の遺留分 = 2分の1(法定相続分1/1×遺留分1/2)

③法定相続人が子供のみの場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 2分の1
子供の遺留分   = 2分の1(法定相続分1/1×遺留分1/2)

④法定相続人が配偶者と父母の場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 2分の1
配偶者の遺留分 = 6分の2(法定相続分2/3×遺留分1/2)
父母の遺留分   = 6分の1(法定相続分1/3×遺留分1/2)

⑤法定相続人が父母のみの場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 3分の1
父母の遺留分   = 3分の1(法定相続分1/1×遺留分1/3)

⑥法定相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 2分の1
配偶者の遺留分 = 8分の3(法定相続分3/4×遺留分1/2)
兄弟姉妹の遺留分   = 兄弟姉妹には遺留分は認められていません。

⑦法定相続人が兄弟姉妹のみの場合
法定相続人全体の遺留分合計 = 0
兄弟姉妹の遺留分   = 兄弟姉妹には遺留分は認められていません。

※法定相続人に配偶者が含まれている場合、または、第1順位の相続人までの場合は、
 法定相続人全体の遺留分は2分の1となります。
※法定相続人が第2順位の相続人のみの場合は、法定相続人全体の遺留分は3分の1
 となります。
※法定相続人が第3順位の相続人のみの場合は、法定相続人全体の遺留分は0となり
 ます。

LinkIcon相続の順位についてはこちらをご参照ください。

LinkIconお問合わせ

LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ