相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-遺産分割協議書を作成しましょう

遺産分割協議書を作成しましょう

 相続人全員での話し合い(遺産分割協議)によって、法定相続分とは異なる割合で相続分を
定めることができます。遺産分割協議が終わりましたら、『遺産分割協議書』のご作成をお勧
めいたします。『遺産分割協議書』は必ず作成しなければならないものではありませんが、将
来の紛争予防のために作成しておくべきものです。また、不動産や自動車などの財産の名義変
更や相続税の申告の際に、法務局、税務署などの役所や金融機関等への提出が必要になる場合
もあります。

1.遺産分割協議の期限

 遺産分割協議には、特に法で定められた期限はありません。しかし、相続税には10か月以
内に申告しなければならないという期限がありますので、相続税を納めなければならない人は、
10か月以内に協議をまとめる必要があるでしょう。


2.協議の前提として

 遺産分割協議に入る前に、まず、①お亡くなりになった方の出生から死亡までの戸籍等を確
認して、法定相続人の確定をする必要があります。そして、②お亡くなりになった方の遺産や
債務を調査して、全相続財産を確定をする必要があります。前述の①②の確認がとれた段階で、
法定相続人全員による遺産を分割するための話し合いが可能になります。


3.遺産分割協議がまとまったら

 遺産分割協議がまとまったら、その結果を文書に残しておきます。これを『遺産分割協議書』
といいます。遺産分割協議書には、法令で特に定められた形式はありませんが、相続人全員が署
名(又は記名)、捺印することが必要です。この捺印は、事後の紛争を予防するためにご実印を
用います。この協議書に相続人全員が異議なく署名(又は記名)、捺印したときに遺産分割協議
は完全に終了します。


4.遺産分割協議書(サンプル書式)

・書式、書き方にきまりはありません。ワープロ、手書きいずれで作成してもよいです。
・誰が何を相続するか明確に記載して下さい。




                遺産分割協議書

 平成○年○月○日甲野太郎の死亡により、共同相続人、甲野花子、甲野二郎、乙山
○子は、その相続財産について、下記のとおり遺産分割の協議をし、合意した。

                   記

1.相続人甲野花子は次の財産を取得する。
(1)土地
   所  在  東京都○○区○○町一丁目
   地  番  ○○番○
   地  目  宅地
   地  積  ○○平方メートル
(2)建物
   所  在  東京都○○区○○町一丁目○○番地○
   家屋番号  ○番○
   種  類  居宅
   構  造  木造瓦葺2階建
   床 面 積  1階  ○○.○○平方メートル
         2階  ○○.○○平方メートル

物件の表示は登記簿に記載されているとおりに正確に記載する必要があります。

(3)動産
   上記(2)の建物内にある一切の動産


2.相続人甲野二郎は次の財産を取得する。
(1)現金      金300万円
(2)預貯金     ○○銀行○支店 普通預金 口座番号123456  3,000,000円
(3)株式      ○○株式会社  普通株式  50株



3.相続人乙山○子は次の財産を取得する。
(1)現金      金100万円
(2)預貯金    ○○銀行○支店 普通預金 口座番号99999  6,000,000円


4.本協議書に記載なき資産及び後日判明した財産については、相続人甲野花子が
 これを取得する。


 上記の通り、相続人全員による遺産分割協議が成立したので、これを証明するため、
本書3通を作成し、署名押印の上、各1通を所持する。


   平成○年○月○日

  相続人 住所 東京都○○区○○丁目○○番○○

      氏名 甲野花子    印

  相続人 住所 東京都○○区○○丁目○○番○○

      氏名 甲野二郎    印

  相続人 住所 東京都○○区○○丁目○○番○○

      氏名 乙山○子    印


・相続人全員が署名をして、印鑑登録を受けた実印で押印して下さい。また、将来の問題を
未然に防ぐため、相続人の人数分の協議書を作成して、各自1通ずつ保持することが望まし
いでしょう。


LinkIconお問合わせ

LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ