相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-法定相続について②~法定相続分~

法定相続について② ~法定相続分~

 民法では、被相続人(お亡くなりになった方)が、遺言によって相続分を特に定めていない場
合には、「法定相続分」という法定相続人間の相続割合を定めています。ここでは、法定相続分
についてご説明いたします。尚、配偶者は常に法定相続人になると定められていますが、配偶者
がおられない場合には、第1順位→第2順位→第3順位とそれぞれの順位の相続人のみが順次相
続人となります。

1.配偶者と子(第1順位)が相続人の場合

 配偶者の相続分が2分の1、子の相続分が全員で2分の1です。つまり、子が2人いる場合に
は、この2分の1を子の頭数で均等に分けた4分の1ずつがそれぞれの子の相続分となります。
よって、子が3人いる場合には、それぞれの子の相続分は6分の1ずつとなります。

(例 配偶者と子3人が相続する場合)
配偶者の相続分 1/2
子Aの相続分  1/2×1/3=1/6(子全員の相続分 ÷ 子の人数)
子Bの相続分  1/2×1/3=1/6(子全員の相続分 ÷ 子の人数)
子Cの相続分  1/2×1/3=1/6(子全員の相続分 ÷ 子の人数)


2.配偶者と父母(第2順位←第1順位の相続人が不在)が相続人の場合

 配偶者の相続分が3分の2、父母の相続分が全員で3分の1です。父母が2人ともご健在の場
合には、この3分の1を頭数で均等に分けた6分の1ずつが父母の相続分となります。父または
母のうち片方のみがいらっしゃる場合は、その方の相続分が3分の1となります。

(例 配偶者と父母が相続する場合)
配偶者の相続分 2/3
父の相続分   1/3×1/2=1/6(父母全員の相続分 ÷ 父母の人数)
母の相続分   1/3×1/2=1/6(父母全員の相続分 ÷ 父母の人数)


3.配偶者と兄弟姉妹(第3順位←第1・2順位の相続人が不在)が相続人の場合

 配偶者の相続分が4分の3、兄弟姉妹の相続分が全員で4分の1です。兄弟姉妹が2人いる場
合には、この4分の1を頭数で均等に分けた8分の1ずつが兄弟姉妹の相続分となります。兄弟
姉妹が3人いる場合には、それぞれの兄弟姉妹の相続分は12分の1ずつとなります。

(例 配偶者と兄弟姉妹2人が相続する場合)
配偶者の相続分   3/4
兄弟姉妹Aの相続分 1/4×1/2=1/8(兄弟姉妹全員の相続分 ÷ 兄弟姉妹の人数)
兄弟姉妹Bの相続分 1/4×1/2=1/8(兄弟姉妹全員の相続分 ÷ 兄弟姉妹の人数)


4.法定相続分によらない相続

 法定相続分はあくまでも法定の割合であり、誰がどの財産(不動産・動産・有価証券・債権
等)を取得するかを定めるものではありません。実際の財産は、法定相続分の分数どおりにき
れいに分割できるとは限りませんし、法定相続分だからといって、事後に争いのない円滑な遺
産相続であるとは、一概には言うことはできません。
 また、相続税の観点から言っても、配偶者の税額軽減や小規模宅地等の特例など、財産の相
続状況によって、税額に差異が生じる場合もございます。
 各ご家庭のご事情、お亡くなりになった方の残された財産の内容によって、法定相続人全員
でよく話し合って『遺産分割協議』を行うことも可能です。



LinkIconお問合わせ

LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ