相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-法定相続について①~法定相続人~

法定相続について① ~法定相続人~

1.法定相続人とは

 民法では、法定相続人になれる人の範囲が定められています。これを「法定相続人」といいま
す。法定相続人は、お亡くなりになった方の配偶者(夫または妻)の他、一定の範囲の血族
(子、直系尊属、兄弟姉妹)に限られています。配偶者は常に法定相続人となりますが、その他
の血族は、相続人となるための順番(相続人の順位といいます)が法で定められています。


2.法定相続人と実際の相続人は違います

 法定相続人とは、「相続放棄」「欠格」「廃除」等の特段の事情が生じなかった場合に法律上
相続人となると規定されている者を指します。「相続放棄」「欠格」「廃除」に該当する法定相
続人は、実際の相続人からは外れます。

※相続放棄・・・自分のために相続が開始されたことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に相
        続放棄を申述することにより、相続人である資格がなくなること
※欠  格・・・相続人となるべき者が故意に被相続人を殺したり、詐欺や強迫によって遺言書
        を書かせたりした場合などに、法律上当然に相続の資格をうしなうこと
※廃  除・・・被相続人を虐待し、または重大な侮辱を加えたり、相続人に著しい非行があっ
        た場合に、<被相続人が家庭裁判所に申し立てることによって>その相続権を
        失わせること。尚、遺言書に記載することによっても廃除の申立ては可能です。


3.相続人の順位

【配偶者(夫または妻)】
 配偶者は、常に相続人となり、第1順位から第3順位の相続人がいる場合には、それらの者と
同順位で相続人となります。婚姻届を出していない配偶者(内縁の妻)は、法律上の配偶者と
しては認めらていませんので、相続人になることはできません。もし、婚姻届を出していない配
偶者の方へ財産を残したいとお考えの方は、遺言書の作成をお勧めいたします。

【第1順位の相続人(子)】
 子は、第1順位の法定相続人です。子が複数いる場合には、同一順位の相続人となり、均
等の相続分をもちます。実子であろうと、養子であろうと差異はありません。但し、非嫡出子の
相続分は嫡出子の相続分の2分の1とされています。
※嫡出子・・・法律上の婚姻関係にある父母から生まれた子
※非嫡出子・・・法律上の婚姻関係にない父母から生まれた子
相続開始時点で、「子」が既に死亡している場合には、孫が子の相続分について相続することに
なります。これを「代襲相続」といいます。また、この時点で既にこの孫も死亡している場合に
は、その孫の子が相続人となります(再代襲相続)。

【第2順位の相続人(直系尊属)】
 第1順位の相続人がいない場合には、被相続人の父母が相続人となります。相続開始時点で
父母がいない場合は、祖父母が相続人となります。

【第3順位の相続人(兄弟姉妹)】
 第1順位と第2順位の相続人がいない場合には、兄弟姉妹が相続人となります。相続開始時
点で、この兄弟姉妹が既に死亡している場合には、この兄弟姉妹の子が相続人となります(代襲
相続)。しかし、第1順位の相続人の場合と異なり、再代襲相続は認められていません。


4.法定相続人がいない場合

 相続人がいない場合には、以下のような流れで財産の分与が行われます。

①相続財産は相続財産法人となり、利害関係人や検察官が家庭裁判所に相続財産管理人
の選任を請求します。
     ↓
②相続財産管理人は、被相続人の残した債務の弁済など、相続財産の清算手続きをします。
     ↓
③残余財産がある場合には、その財産の全部または一部が「特別縁故者」に分与されます。
この特別縁故者というのは、法律上相続人ではなくても、被相続人と生前深い関係のあった人
(内縁関係にある配偶者、事実上の養子、献身的に病気の看病をした人など)で、家庭裁判所
に認められた人を指します。但し、家庭裁判所に申し出をしても、必ず認められるとは限りま
せん。
     ↓
④特別縁故者がいない場合には、残余財産は国庫に帰属します。

※法定相続人以外の方へ財産を残したいとお考えの方は、遺言の作成をお勧めいたします。



LinkIconお問合わせ

LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ