相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-単純承認・限定承認・相続放棄について

単純承認・限定承認・相続放棄について

 相続の手続きには【単純承認】【限定承認】【相続放棄】という3つの方法があり、各ご家庭の状況
によって、利用する手続きを選択する必要がございます。具体的には以下のような手続きとなってい
ます。

1.単純承認

すべてのプラス財産とマイナス財産(借金などの債務)を引き継ぐ方法。
→財産は相続して引き継ぐが、借金は引き継がないという方法は、残念ながら存在しません。
この単純承認では、すべてのプラス財産とマイナス財産を引き継ぐという一般的な手続きです。
特別な手続きは必要ありません。尚、①相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき
 ②相続人が限定承認または相続放棄をした後でも、相続財産の全部または一部を隠したこ
とが発覚したときは、単純承認したものとみなされます。


2.限定承認

相続財産によって取得したプラス財産の範囲内でマイナス財産も引き継ぐ方法。
→相続財産のうち、プラス財産とマイナス財産(借金などの債務)のどちらが多いか分か
らない場合などにこの手続きを利用します。この手続きは、相続人全員で、相続開始が
あったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所に申し出ることによって行います。
 <相続人全員>が要件となっておりますので、もし相続人の中に一人でも単純承認を
した人がいる場合には、限定承認を選択することはできません。
限定承認手続きでは、財産目録の作成や相続財産管理人の選任をし、公告手続きや
債権者への返済など、複雑な手続きが必要となります。
相続したプラス財産で、マイナス財産を清算し、プラス財産が残った場合には、それを相
続することができ、マイナス財産が残った場合でも、それを相続人個人の財産から支払う
必要はありません。


3.相続放棄

すべてのプラス財産とマイナス財産を引き継がない方法。
→相続財産のうち、プラス財産よりもマイナス財産(借金などの債務)の方が明らかに多い
場合、又は、そもそも財産を引き継ぐ意思がない場合などにこの手続きを利用します。
この手続きは、相続人1人でも行うことができ、相続開始があったことを知った時から3か月
以内に家庭裁判所に申し出ることによって行います。全財産を特定の相続人1人に相続
させたい場合にも利用されます。
 尚、相続放棄手続きを行わず、相続人間の遺産分割協議書によって、プラス財産を取
得しないという内容の合意をすることも可能ですが、この場合であってもマイナス財産につい
ては、原則として各相続人全員が法定相続割合に応じて引き継ぎます。
相続人同士の遺産分割協議によって、自分は相続とは関係ないと安心していると、突然
債権者から債務の支払いを求めらて戸惑ってしまうという事態が生じてしまうかもしれません
のでご注意ください。

LinkIcon相続放棄の具体的な手続き方法はこちら


LinkIconお問合わせ
LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ