相続登記、相続に関する手続き、不動産の名義変更、会社登記の司法書士シーガル法務事務所|神奈川県藤沢市-相続放棄の具体的な手続き方法について

相続放棄の具体的な手続き方法について

 ここでは、相続人がお亡くなりになった方の権利や義務を一切引き継がない相続放棄の
手続きの流れについてご説明します。

1.申述人(相続を放棄する人)

相続放棄をしようとする相続人
→相続人が未成年者である場合には、その法定代理人(例えば父母)が代理して申述し
ます。尚、以下の場合には、申述人の権利を守るため家庭裁判所に別途特別代理人の
選任を求める必要があります。

・未成年者と法定代理人が共同相続人であって、未成年者のみが相続放棄するとき
(但し、この未成年者の相続放棄に先立って法定代理人も相続放棄を申述している場合
を除きます。)

・2人以上の未成年者の法定代理人が、その内の一部の未成年者のみを代理して相続放
棄の申述をするとき


2.申述の期間

申述は、民法により自分のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に
しなければならないと定められています。


3.申述先

お亡くなりになった方の最後の住所地の家庭裁判所



4.申述に必要な書類等

①相続放棄申述書
②相続を放棄する人の戸籍謄本
③被相続人の戸籍(除籍)謄本等
④被相続人の住民票除票
⑤収入印紙(放棄する人1人につき800円分)
⑥返信用封筒(80円切手×3枚程度。管轄家庭裁判所ごとに確認します)
⑦相続を放棄する人の認印
※事案によっては、この他の資料の提出をお願いすることがあります。


5.その他

 相続人が、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に相続財産
の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合
には、申し立てにより、家庭裁判所はその期間を延ばすことができます。



6.手続きの流れ

①相続放棄申述書を家庭裁判所に提出
    ↓約1週間後
②家庭裁判所から申述者に『相続放棄の申述についての照会書』が届く
    ↓
③『相続放棄の申述についての照会書』に必要事項を記入の上、家庭裁判所へ返送
    ↓約2~3週間後
④家庭裁判所から申述者あてに『相続放棄申述受理通知書』が送付され、手続き完了



LinkIconお問合わせ
LinkIconこのページの先頭へ

LinkIconホームへ